最新の更新情報
エコライフ提案フェア
エコキュート

㈱北陸電力リビングサービス、石川県電気工事工業組合 金沢本部、北陸電設資材卸業共同組合では、先日の土日の2日間 石川県電気工事工業組合(金沢市新保本)を会場に「エコライフ提案フェア」としてオール電化住宅向け設備の販売促進キャンペーンフェアーを開催しました。当日はエコキュート(ヒートポンプ式省エネ給湯器)やIHクッキングヒーター、温水床暖房(ヒートポンプ式)、暖房強化型エアコン、蓄熱式電気暖房器、太陽光発電、LED・省エネ家電などを特別価格での展示販売が行われ、米沢電気工事のES部や電力工事部の社員も説明員として参加しました。これに合わせ会場では、電気料金プランのシミュレーションやビンゴ大会、もちつき大会が行われ、家族連れの方やこれから家を新築や改修をされる予定のお客様が多くご来場して頂きました。
続きはこちらをクリック
エコロジー活動::ECOへのご提案
五所川原市市浦風力発電所出力変動緩和制御型風力発電システム電気工事 
The latest update 2010.7.15 
風力発電設備と蓄電設備建屋
□工事件名:五所川原市市浦風力発電所 出力変動緩和制御型風力発電システム電気工事
□工事場所:青森県五所川原市大字磯末古館地内
□工事工期:着工 平成21年5月27日  
完成 平成22年1月20日
□発 注 先:くろしお風力発電㈱
□受 注 先:㈱日立エンジニアリング・アンド・サービス

青森県五所川原市(旧市浦町)に、世界初となる蓄電池を利用した出力変動緩和型風力発電所が完成し、2010年2月に発電を開始しました。これから1年をかけて出力変動緩和性能の実証試験を行い、今後の蓄電池併設型風力発電システムの需要拡大を目指して、出力変動緩和効果の向上を図って行く予定です。風力発電機の欠点である出力変動を緩和できるこのシステムは、今後の風力導入に大きく寄与できるものと期待されています。
本発電機を建設したこの地域は、建設に従事した作業員から「とても風が強く、しばしば据付工事を中断しなければならなかった。」という声が多く聞かれるほど、風力発電に適した強い風が吹く場所です。高品質なクリーン電力を発電する市浦風力発電所の、地球環境への貢献にも期待が高まります。
五所川原市市浦風力発電所は一般家庭約130,000軒分相当(56,000Mwh)の電気を作ります。これにより温室効果ガスCO2を約35,600トン、石油の使用は約14,220キロリットル削減することができます。

五所川原市市浦風力発電所建設工事は、くろしお風力発電㈱からの㈱日立エンジニアリング・アンド・サービスへ発注され、米沢電気工事㈱はその中の出力変動緩和制御型風力発電システムの電気工事を施工させて頂きました。

続きはこちらをクリック
エコロジー活動::ECOへのご提案
オール電化住宅 V0l.3 「蓄熱式暖房器」へのご提案
蓄熱式暖房器 金沢市 A様邸



オール電化住宅とは、給湯に「エコキュート」、調理に「IHクッキングヒーター」、暖房に「蓄熱式暖房器」や200Vエアコンを設置された住宅のことです。
電気ならではのメリット(安全・安心・経済的・クリーン)で、家族全員が快適な暮らしを実現することができます。今回は、蓄熱式暖房器についてご説明いたします。
続きはこちらをクリック
エコロジー活動::ECOへのご提案
オール電化住宅 V0l.2 「IHクッキングヒーター」へのご提案



オール電化住宅とは給湯に「エコキュート」、調理に「IHクッキングヒーター」、暖房に「蓄熱式暖房器」や200Vエアコンを設置された住宅のことです。電気ならではのメリット(安全・安心・経済的・クリーン)で、家族全員が快適な暮らしを実現することができます。電気による省エネ・省CO2、そして経済性。全てを両立させたエコ住宅、これからの低炭素社会実現に向けた快適な住空間が「オール電化住宅」です。今回は、IHクッキングヒーターについて説明させていただきます。
続きはこちらをクリック
エコロジー活動::ECOへのご提案
オール電化住宅 「エコキュート」へのご提案


オール電化住宅とは、給湯に「エコキュート」、調理に「IHクッキングヒーター」、暖房に「蓄熱式暖房器」を設置された住宅のことです。電気ならではのメリット(安全・安心・経済的・クリーン)と、高断熱・高機密住宅に組み入れることで、家族全員が快適な暮らしを実現することができます。
続きはこちらをクリック
エコロジー活動::ECOへのご提案
廃油のリサイクル活用

 
~限られた資源の有効活用への取り組み~

米沢電気グループの「オータム天然温泉 しあわせの湯Ⅱ/田上」では、ボイラーの燃料とし廃油を利用した設備を設置しました。オータム天然温泉しあわせの湯Ⅱ田上
この設備は、米沢電気グループの㈱テクノブレーンが、この企画設計・設備工事を行い、電気工事は当社のES部が担当しました。
いままで廃棄処理されていた廃油(エンジンオイル等)をリサイクル使用し、限られた資源の有効活用することは、企業の社会的責任のひとつとして考えています。既設の市ガスボイラー系統と今回設置した廃油ボイラー系統の2系統運転を行い、メンテナンスや系統の故障時の対応を考え 来年の本格運転に向け現在調整運転中です。
しあわせの湯の支配人のお話しでは、米沢電気グループの北星産業㈱で車のオイル交換で排出されたエンジンオイルも廃油処理後燃料として使い、将来家庭で使われた天ぷら油を持ってきていだきそれも燃料としても使う予定とのことでした。(天ぷら油を持ってこられた方には、ポイントシールを発行する予定です。)
燃料タンクは廃油用で1792.8Lタンク3基、A重油用(点火・消火時など)で1792.8Lタンク1基、オイルサービスタンク(濾過装置)、各系統用ギアポンプ(3台)、高圧燃焼ボイラー(100万kcal)、廃油ボイラー制御盤を設置しました。
続きはこちらをクリック
エコロジー活動::ECOへのご提案
「風力発電チーム」の新設


深刻さを増す「温室効果ガス」排出、原油価格高騰による厳しい日本のエネルギー情勢の中、効果の高い温暖化対策と将来を見据えた省エネ推進は、私たちの最重要課題です。エネルギーを効率よく使うことは、社会的責任を持つ企業にとっても大切な経営テーマです。それをうけ、10月に本社の電力工事部に「風力発電チーム」を新しく設けることになりました。高地チーフマネージャー以下4名が配属となり、本格稼働にむけ、現在 チームスタッフの研修を行っています。
続きはこちらをクリック
エコロジー活動::ECOへのご提案
電気料金削減から電力の削減そしてCO2削減へ



小規模既設店舗のコスト削減のひとつとして、電力会社への契約で 低圧受電を高圧受電への変更を提案させて頂きます。

高圧受電に変更するためには、初期投資として 電柱、受変電設備の設置や保守管理費用は掛かりますが電気使用料金は低圧電力より高圧電力の方が割安の為 数年でその費用は回収できます。その後 経費は長期に渡り削減することが可能となります。また エアコンのスイッチを一度に入れず 時間をおいて入れたり 設定温度をちょっと上げることでデマンド値(※)のピークを抑え 基本料金をも抑えることができ、年間を通して大きなコストの削減を計ることができます。

写真左:引込柱の装柱
写真中:埋設配管・基礎工事
写真右:受変電設備の設置

※デマンド値
30分間(デマンド時限)における平均使用電力:kW(稼動負荷の平均容量)を言います。
お客様の電気料金は、基本料金と電力料金の合計になります。基本料金計算の根拠となるのが最大需要電力(デマンド値)です。高圧受電500kW未満のお客様の場合、その月と過去11ヶ月の最大需要電力(デマンド値)の中で最も大きい値が基本料金の計算に使用されます。つまり、一度でも大きなデマンド値が出ると、1年間そのデマンド値が適用されます。
続きはこちらをクリック
エコロジー活動::ECOへのご提案