HOME > 事業案内 > 電車線・情報通信
電車線・情報通信
地域社会の距離感短縮・高速化に応える 高速輸送社会および高度情報通信ネットワークの実現を通じて、新しい安全・安心な街づくり、地域住民の生活支援を目指します。

私たちはより高速で高品質な輸送手段や通信環境の実現を目指すことで、皆様がより快適に生活できるよう貢献していきたいと考えています。

電車線設備


北陸新幹線が2015年開業し、首都・東京との距離はますます近づき、鉄道の重要性は高まる一方です。北陸線電化以来、北陸線の保守、JR西日本管内の電化工事に携わってまいりましたが、これまで培った技術を駆使し、安全・安心・高品質な高速輸送の建設に貢献してまいります。

モバイル基地局・情報通信設備


生活の一部となった携帯電話やモバイル通信機器、光通信やケーブルテレビネットワークの伝送路設備。当社では基地局建設、伝送路設備の建設を通じて”いつでも、どこでも”高速でつながる品質の高い情報通信ネットワーク構築の一翼を担っています。

消防・防災無線設備


近年各地で発生している自然災害から地域を守るためには、速やかな情報伝達が必要です。当社では消防・防災無線設備の建設を通じ、災害時だけでなく、平常時においても有用性の高い情報通信システム建設に貢献しています。

事業案内::電車線・情報通信
米沢電気工事㈱ システム工事部 電車線課ブログ【トロリ線張替え】
みなさんこんにちは。最近は雨も多く蒸し暑い日が続きますが、夏バテすることなく頑張っていきましょう!
さて、米沢電気 電車線課2回目の投稿になりますが、本日は実際の仕事内容をご紹介させていただきます。

先日、北陸新幹線金沢駅付近でトロリ線の張替え作業を施工致しました。

「トロリ線」という言葉を初めて耳にした方も多いと思いますのでご説明させていただきます!
トロリ線とは鉄道には欠かせない電線であり、電車のパンタグラフと呼ばれる装置を通して、電車に電気を供給するための電線です。常にパンタグラフと接しているため、電線が摩耗します。そのため定期的にトロリ線の張替え作業を行っています。

当日の作業は、30人近い北陸の職人が集まり、「架線延線車」という作業車を6台使用し作業を行いました。停電の時間が限られており短時間での施工のため、緊張感のある作業となりましたが、無事工事を終わらせることができました!!
本日はその時の様子を写真で皆様にご紹介します。


トロリ線の張替え作業


トロリ線の張替え作業


トロリ線からパンタグラフを通して電車に電気を通している
(写真提供:西日本旅客鉄道株式会社 金沢支社)


架線延線車6両編成
(写真提供:西日本旅客鉄道株式会社 金沢支社)
事業案内::電車線・情報通信
米沢電気工事㈱ システム工事部 電車線課からのお知らせ
The latest update 2020.6.1



みなさんこんにちは。米沢電気工事㈱ システム工事部 電車線課です。
2020年6月より当社ホームページ内に、電車線課の仕事内容や活動を写真付きで掲載していきます!
電車線課の作業風景や安全に対する取り組みを、ホームページをご覧の皆様に知ってもらいたいと考え、この活動をスタートさせていただきました。

最初に、電車線課の紹介をしたいと思います。
我々電車線課は十数名のチームで業務を行い、安全第一を最優先に作業を行っています。
電車が運行しなくなった夜間から早朝にかけての作業が多く、作業場所も南は敦賀、北は直江津と広範囲にわたりますが、チーム全員が北陸の電車線業界を支えているという誇りと責任感を持って作業しています。

今後は、実際の作業内容や電車線設備の説明などを皆様にお伝えしていこうと考えておりますので、ぜひホームページをチェックしてください。
どうぞよろしくお願い致します。
事業案内::電車線・情報通信