HOME > トピックス > ホタルの幼虫を放流
ホタルの幼虫を放流
The latest update 2013.6.25




   当社のある進和町周辺にもホタルが乱舞する風景が見られるように、4年前から当社前の用水路の環境整備やホタルの幼虫の放流などを行っています。アメリカザリガニが増えるなど、なかなか実を結んではいませんでしたが、今年はホタルの餌のカワ二ナやホタルの幼虫が住みやすいように、用水路の泥を上げたり、葦簀を置き日陰を設け、カワニナを放流しました。今年6月には「金沢ホタルの会」幹事の新村光秀さんが大事に飼育されたゲンジボタルとヘイケボタルの幼虫を分けて頂き、用水路に放流をしました。新村さんのお話しでは、7月の後半頃にホタルが見られるだろうとのことでした。
   「ホタルの乱舞」の光景が見られるよう、これからもより住みよい・よい街づくりに取り組んで行きたいと思っています。秋口には、新村さんに指導を頂き、小学校の児童とホタルの幼虫とカワ二ナを用水路に放流する計画をしています。





トピックス