HOME > トピックス > TMほくりくソーラー発電所設置工事「社長安全パトロール」
TMほくりくソーラー発電所設置工事「社長安全パトロール」
The latest update 2014.12.2


   村本社長による「社長安全パトロール」をTMほくりくソーラー発電所設置工事の現場で実施しました。
   契約工期は、平成25年8月1日~平成26年8月1日の約1年1ヶ月の長期でしたが、現場の施工工期としては、4月~8月までの5ヶ月間の短期作業でしました。設備容量としましては、1021.44kw(太陽電池モジュールで4,256枚)で、これらを建屋の屋根に専用の架台に乗せ設置する工事です。
他には、パワーコンディショナー、屋外用キュービクル(昇圧用)、引込柱、データー収集及び表示装置の設備工事も合わせて行いました。


   安全パトロールでは、現場事務所で主に「安全書類」を中心に日々の安全衛活動状況(作業指示書、KY記録内容、巡視時の指導、改善状況)、現場内に於ける安全管理状況(作業員名簿、各種保険対応状況、新規就労報告書による作業員の健康状況等)の確認を行いました。続いて、作業現場の建屋の屋根に上がり、設置されたモジュールや配線の状況を見て、質問や説明を受けながら歩きにくい折半屋根を歩きながら現場の巡視を実施しました。
地上では、屋外のキュービクルの設置状況、ケーブルの敷設状況を確認し、事務所に戻り村本社長より今回の社長パトロールの総評をいただきました。




トピックス