HOME > 工事実績 > 能越幹線新設工事(5工区)
能越幹線新設工事(5工区)

鉄塔基礎工事状況
鉄塔基礎工事状況
ヘリ延線状況
ヘリ延線状況
北陸自動車道横断防護ネット取付状況
北陸自動車道横断防護ネット取付状況
電線緊線作業
電線緊線作業
『能越幹線新設工事(5工区)』
工事件名能越幹線新設工事(5工区)
発注者北陸電力(株)様
工事場所富山県小矢部市八講田地内 ~ 石川県金沢市芝原地内
工事期間自 平成13年6月1日 ~ 至 平成17年6月20日
工事規模鉄塔工事、架線工事、こう長 15.4km
電圧 500kV 回線数 2回線
支持物 鉄塔35基

(担当者のコメント)
北陸電力では、能登幹線以来の500kvの大型工事でした。ルートは医王山県立自然公園内の箇所もあり、基礎及び支持物に関して環境に配慮した設計になっています。特に架線工事では、北陸自動車道、国道二箇所、関西電力送電線路横断等があり、工法との検討でいろいろ苦労しました。何がともあれ関係各社の皆様のおかげで無事ゼロ災害で竣工できて良かったと思っています。また、この大型工事に携われたことに誇りを持ち、これからの工事にこの経験を活かしていきたいと思います。
工事実績